下肢装具

下肢装具には、脳卒中や麻痺などの障害により、歩行や立位が困難な方に移動訓練や立位保持を目的に使用される交互歩行、長下肢装具や短下肢装具など患者様の症状や年齢や体力や環境など総合的要素を考え、先生と患者様と相談しながら一人一人にあった装具を作成します。股関節を痛めたり捻挫などで足首を痛めた時に使うサポーターなども数多く揃えております。

【交互歩行】

対麻痺などの障害により、歩行や立位が困難な方に移動訓練や立位保持を目的に使用されます。
ARGO

航空機材料を利用し、軽量かつ精密に制作されています。
膝継手に内蔵された空圧シリンダーにより座位から立位への動作が容易です。
ARGO

【股関節装具】

骨盤より大腿部下部までを覆うもので股関節の動きを制限します。

ヒッププロテクター
肌にやさしくフィット感に優れています。
ダイヤルロック継手により屈曲伸展が任意の角度に設定できます。

ヒッププロテクター

【長下肢装具】

大腿部、下腿部、足部を膝継手、足継手でつなぎ、膝関節、足関節のコントロールを行います。 長下肢装具

【短下肢装具】

PTB式

足部覆いタイプ(不完全免荷タイプ)
骨折部に適度な荷重をさせることで治癒の促進をはかることができます。
先足部が接地しているので立位、歩行時の安定感が良い。
PTB式足部覆いタイプ

硬性

シューホン
プラスチックAFOの代表的な短下肢装具です。
足関節の安定性とコンパクト性のバランスが良く、プラスチック部のトリミングにより可橈性を設定し矯正力の設定が可能です。
シューホン両方

軟性

エバーステップ1
フィギュア8理論に基づき、足関節をソフトにサポートし、安定感をもたらします。
日常生活の妨げにならないよう薄くて伸縮性に優れた素材を使用しています。
エバーステップ1

 

【膝装具】

変形性膝関節症などの膝に疾患がある方に用いて、変形矯正と予防または関節の運動補助などの役割を果たし膝への痛みを緩和します。
種類は病状に応じて異なります。長さもロングとショートがあり、支柱付きハードタイプやソフトタイプのものがあります。

 硬性

 

軽量かつ強度が優れたアルミ合金リジッドフレームにより
膝の安定性を確保しながら膝関節の角度制御が容易です。
4titude

軟性

 

靭帯損傷用

アルミオフセットジョイントが側方安定性を高めるとともに、
クロスベルト、ストラップにより下腿の前方・回旋不安定性を軽減します。
ACL
OA用
シンプル構造で膝周りを適度に圧迫し、膝関節の安定化を図ります。
左はスパイラルステーと呼ばれ、右はアルミステーと呼ばれます。
ニーグリップOAショート1+2

 

その他
パテラパッドとオーバーストラップにより、膝蓋骨の側方偏位を抑えます。
パテラ